FC2ブログ
西表1

不思議ワールド、西表島。
ここでのメインはネイチャーツアーです。

iriomote1.jpg

イリオモテヤマネコが生息する島。
ちょうど仔猫たちが活動するようになる季節らしく、
道路にはあちこちに目撃情報の看板が立てられていました。

ヤマネコの活動区域を横断する位置にある道路では、
ヤマネコが交通事故にあわないよう、いろんな工夫がなされていました。

・・・このような話を含め、
西表島の地形、歴史やくらし、珍しい生き物の生態などを
ガイドさんに楽しく教えてもらいました。

ガイドさんがいると、旅する場所がぐんと身近になりますね。

iriomote2.jpg

↑のマンガで描いた、木の枝に飛びついちゃう小魚さんたち。
うじゃうじゃいます。
この川で、小魚さんたちと泳ぎましたよ♪

写真にもちょっと写っていますが、
この川の石、あちこちに穴があいてます。

自然にあいた穴だそうです。
雨とか、川の水の流れによってあいた穴なんですね。
やわらかい石なんですね~。

iriomote3.jpg

ガイドさんお手製のソーキそばとポーク卵おにぎり、
島の子どもたちが育てたお米で作ったおにぎりなどをいただきまして、
ジャングルへ出発。

・・・・深い森とか清流とか、本土にもありますよね。
オットの実家は山深い集落にあるので、ちょっと行けばそれらはすぐあります。

でも、意識としては、「なるべく行かない方がいい」なのです。
なぜなら、クマが出るから・・・・・。

夏に帰省すると、1つ2つ、近所のどこそこに出たって話を聞きます。
「クマがいるかいないか」って、大きいんだなあとしみじみ思いました。

「トントンミー」はトビハゼの一種です。
マングローブの干潟でぴょんぴょんはねていました。
かわいい名前にまん丸の目。
見てみたいなあと思っていたので、見つけたときは大喜びでした♪

私たちは「トントンミー」の「ミー」を英語の「Me」の発音で呼んでいたのですが、
「ミー」は「目」を指す地元の言葉なのだそうです。
なので、「目」のイントネーションと同じ、語尾が下がるのです。


西表編、次回も続きます!


ご来訪、拍手、クリック等々、ありがとうございました!
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
関連記事
旅マンガ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示