FC2ブログ
たてもの園

昨日は江戸東京たてもの園に行ってきました。
今開催されている、【ジブリの立体建造物展】がお目当てです。

たてもの園2

この特別展は、
スタジオジブリ作品に登場する様々な建物にスポットを当てた展覧会です。
ミニチュア立体作品、建物の設定資料、背景画、美術ボードなどが展示されています。

感想を続きに。


展示会場内は撮影禁止なのでご紹介できませんが、
立体作品の中で特におもしろかったのが
・「アルプスの少女ハイジ」の山小屋と町
・「千と千尋の神隠し」の油屋
です。

どちらも大人の背くらいある大きさ。
ハイジの山小屋って、あんな急斜面の山の上に立ってたんだ・・・と軽いショック。
(山の勾配までリアル再現ではないと思いますが・・・・)
一緒に行ったサンサンは
「トライさんいないね」と言っていました。
涙。
そうだよね、ハイジの現役世代じゃないもんね・・・・

ジブリ作品の建物について、
建築史家・建築家の藤森照信氏が監修されているのですが、
この解説がおもしろいです。
日本の建築史、西洋の建築史に少しでも触れることができてとても良かったです。

また、どへたではありますが絵を描くことがスキな者としては、
背景画や美術ボードがもう、すごい。。。。
これは何で描かれたのでしょう。
ガッシュ絵の具でしょうか?
これ、複製?本物?
とにかく、絵の目の前で紙質から塗り具合まで、全部見たい。
メイキング見せてくれ!!!!!

でも、とてーも混雑している&サンサンが我慢できないため
さっと見・・・・。
すごく残念です!!!!!

背景画って一枚の絵のようですけど、
美術館に飾ってある芸術とは違うように思います。
職人画というんでしょうかね、もっと下界に近い感じがします。
こう、「飾って堪能するもの」というより、「使って堪能するもの」という感じがしました。

~~~ o(゚ー゚*o)(o*゚ー゚)o ~~~

展示を見た後は、
江戸東京たてもの園の通常展示を見学しました。
こちらは建物の中にも入れるので、それはそれでとても楽しい♪

たてもの園3

・・・・なんですが、
サンサンがつい最近一度遊びに来たため、
次行こう次行こうの嵐で、ここでもじっくり屋内を見られず・・・・

母は
「ここに住んだらどんな気持ちだろう・・・」
と妄想したいんじゃ!!!!


・・・・と言っても仕方ないので、ざっくり見ました。

たてもの園4

昭和初期の文具店。
今はなき祖母の古本屋が、ほんと、こんな建物でした。
懐かしい・・・。

昭和初期の銭湯があるのですが、湯船が異常に深い。
沈む。
昔は立って湯船に入るのが一般的だったんでしょうか。
湯船に座ってくつろがれるとお客さんの回転が悪くなるからなのかなー??
今と違う風俗に触れて、なぞが広がりました。

たてもの園5
関連記事
行ってきた | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示